2011年12月20日

こどもの国「白鳥湖」へのグラナ設置

今年も様々な水域にグラナは導入されましたが、その中では一番大きな池が
横浜市「こどもの国」の「白鳥湖」です。
神奈川県内の小学校の遠足では必ず訪れるといわれている、広く、素晴らしい
自然公園です。

白鳥湖の全体面積は約15,000uですが、グラナ設置はその中の6,500u
水域が対象となります。
年明けの2月に設置予定ですが、先日現場打ち合わせに行ってきました。
現状は、堆積したヘドロを取り除く浚渫工事が始まり池の水が全て抜かれた状態と
なっていました。

<通常の白鳥湖・グラナ設置対象水域>
IMGP1731.JPG

<水抜きされた同様水域>
IMGA0775.JPG

この「白鳥湖」はその名のとおり「白鳥」もおり、ボート遊びやいかだ遊びがで
きます。子供たちが、自然と水に親しめる、正に親水池です。
従来は、夏場に大量の藻類の発生がありましたが、来年からは改善されることで
しょう。

冬場は来園者も少ない為、この時期の工事となりましたが、とても寒かったです。
暖かくなる来春からは、子供たちの声で再び賑わう事となるでしょう。

<水抜きされた白鳥湖の映像>


池のアオコ、藻類、悪臭の発生には
国交省「ネティス」登録
UTK式微細気泡対流攪拌装置
水質・生物活性化装置「グラナ」
ホームページはこちら
http://www.utkgrana.com/

<お問い合わせは>
製造元:株式会社UTK
п@06-6363-5710
e-mail tanaka@utkgrana.com
担当:田中


posted by グラナ at 10:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。