2015年10月28日

東京都「浮間公園池」:導入後6年の状況

先日、東京都「浮間公園池」設置グラナ装置の保守業務が
ありました。

<浮間公園池:60,000u/水量約10万トン:グラナKT-W型2ユニット>
3.jpg

このブログでも設置から、改善状況等何度かアップしていますが、
早いもので6年が経過しました。
この池は公式に「釣り」を解禁していますので、生餌等の問題もあり、グラナ
導入前は、アオコの大量発生、悪臭、そしてバスやヘラブナの大量死等様々な
水質障害が発生していました。
大池アオコ.JPG

グラナ装置の効果は、地元の釣り人が一番よく体感しております。
<3年前にブログ公開した地元釣り人の感想です>

YouTube自動再生


今年も夏は猛暑が続きましたが、アオコの発生は殆どなかったとのこと。
実は季節的に秋もアオコは発生する時期です。この時期関西でもアオコ発生
の池は多くあります。
保守実施日も晴天で、気温が高かったですが、アオコの発生は全く確認されま
せんでした。
もちろん、魚の大量死は導入後一切発生していません。

<10月15日状況:アオコ、悪臭は確認されず>
DSCN6241.JPG
<1号機グラナ装置の引上げ>
DSCN6143.JPG

DSCN6141.JPG

DSCN6192.JPG

<ブロワ装置の保守点検も終了>
DSCN6237.JPG

<業務終了再設置、稼働確認>
DSCN6236.JPG

池のある公園は、その池の水質により、最良にも、最悪にもなります。
浮間公園は、最良の公園となり地元から親しまれています。
DSCN6230.JPG

DSCN6229.JPG

<平成27年10月15日の浮間公園保守完了後映像>


池のアオコ、藻類、悪臭の発生には
国交省「ネティス」登録
UTK式微細気泡対流攪拌装置
水質・生物活性化装置「グラナ」
ホームページはこちら
http://www.utkgrana.com/

<お問い合わせは>
製造元:株式会社UTK
п@06-6363-5710
e-mail tanaka@utkgrana.com
担当:田中


posted by グラナ at 12:09| Comment(0) | 水質浄化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: