2016年05月12日

都市景観大賞国土交通大臣賞の京都府「長岡天満宮八条が池」の浄化法

平成25年度の都市景観大賞 国土交通大臣賞を受賞した
京都府「長岡天満宮 八条が池」です。
グラナが導入され4年となりますが、導入後の受賞は、弊社としても
大変嬉しい知らせでした。

例年4月に2日間保守点検を実施していますが、ちょうど恒例の
「霧島つつじ祭り」の開催日で、賑わっておりましたした。
DSC01464.JPG

八条が池は、中央で繋がっていますが、基本的には北池と南池に
分かれています。
両池とも、例年アオコや悪臭、や魚の大量死で問題になっていました。
グラナ導入前の浄化法は、噴水と撹拌機、微生物剤の投入でしたが、
改善はせず、悪化の一方となっていました。

<グラナ導入前のアオコ発生状況>
20130821_S.JPG

20130918_S.JPG

グラナ装置が導入されてから、微生物剤の投入は中止とし、噴水と
撹拌気は稼動しています。

<現在稼働している浄化装置:噴水・撹拌装置・グラナ装置>
DSC01466.JPG
写真の奥が「噴水」左の二つに分かれた浮体が「水中ポンプの攪拌機」
手前で気泡を放出しているのが「グラナ装置」です。


噴水は2基、撹拌装置は4機、グラナ装置は3ユニット稼働しています。
そして、アオコや悪臭、魚の大量死が改善したのは、グラナ装置導入後の
この4年の間です。

この八条が池は、近隣住民の憩いの場であり、観光スポットでもあり
多くの来園があります。

本日も、作業中多くの方々にお声を掛けて頂きましたが、数年前と
比べて、水質が良くなっているとのお話を多くお聞きし、大変嬉しく
思った次第です。

池の水質浄化、保全には「水質へ溶存酸素の供給」と「適度な撹拌」
必須要件です。この実施をせず、どのような浄化法をしても、意味は
ありません。


かつて「噴水」「撹拌装置」「微生物剤」の3種類の浄化法を
実施しても改善しなかった水質が、グラナ装置の導入後改善と
なりました。
どの浄化法が効果的なのかは、結果が示しています。
そして長岡京市の皆様が実感しています。


<現在の八条が池>
DSCN7649.JPG

<大池グラナ1号機と、隣のグラナ導入14年目のカキツバタ園池>
DSCN7651.JPG

<霧島つつじと八条が池>
DSCN7662.JPG

<映像>


池のアオコ、藻類、悪臭の改善には」
<国交省「ネティス」登録技術>
UTK式微細気泡対流攪拌装置
水質・生物活性化装置「グラナ」
ホームページはこちら
http://www.utkgrana.com/

<お問い合わせは>
製造元:株式会社UTK
п@06-6363-5710
e-mail tanaka@utkgrana.com
担当:田中
posted by グラナ at 14:29| Comment(0) | 水質浄化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: