2019年03月27日

嬉しい評価:川口市「赤川歴史自然公園 池」

新設公園として川口市が造成、造築しておりました「赤川歴史自然公園」
の池に、昨年1月グラナ装置を設置し、本格的な装置稼働は3月からして
おりました。この度初めての保守点検を実施しました。
昨年4月に開園しておりますが、広い公園はまだ造成中です。

グラナ導入前の池を中心とした造成中の撮影写真
<池の内容:約8000u・水深約50cm平均・水量約4000t>
DSC01783.JPG

元々ある池を改修し、公園の中心としていますが、池の内容が上記のように
面積が広く、水深が浅いため、下記写真のように通年アオミドロが増殖し水面浮遊
していました(特に夏季は水面を広く覆う状態となっていた)。
DSC01779.JPG

DSC01780.JPG

グラナ装置は池の形状に合わせ、全体に対流・回流が起きるよう設置
<導入機種:KT-U型ユニット・数量:5ユニット>
●1年後の本年3月19日の池を中心とした撮影写真
DSCN4287.JPG

<稼働中のグラナ装置>
DSC02157.JPG

DSCN4121.JPG

DSCN4124.JPG

ご覧のように、池全体にアオミドロの発生や水面浮遊はありません。
保守点検に立ち会われた、川口市の担当の方や、設置時の元受け会社の
担当の方にも、この1年の水質の状態をお聞きしましたが、問題となって
いた、アオミドロはほとんど発生はなく、通年良好な水質、景観を維持
した、との評価を頂きました。
尚、隣接する同等の池がありますが、この池はグラナ装置は設置していま
せんが例年通りアオミドロで水面が覆われた、とのことでした。
つまり、グラナ装置がある池と、ない池の差がはっきりと表れた状態です。

問題となる水質障害が解決されたことは、最大の評価であり大変うれしく
思った次第です。
また一つグラナ装置の信頼が重ねられました。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「池のアオコ、藻類、悪臭の改善には」
<国交省「ネティス」登録技術>
UTK式微細気泡対流攪拌装置
水質・生物活性化装置「グラナ」
ホームページはこちら
http://www.utkgrana.com/

<お問い合わせは>
製造元:株式会社UTK
п@06-6363-5710
e-mail tanaka@utkgrana.com
担当:田中
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

posted by グラナ at 12:09| Comment(0) | 水質浄化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: