2020年01月17日

創業20年、積み重ねた実績と信用

平成13年(2001年)、初期メンバー4名と
「UTK技術研究会」を発足し、大阪府の共同研究事業として
提起された「ため池等における新たな曝気技術の開発」の公募に応募
しました。
当時50社近い応募がありましたが、選定され、当時まだ未完成であった
「グラナ装置」を大阪府立食と緑の総合技術センター(当時名称)
からのアドバイスも受け、完成させせました。

翌平成14年(2001年)、大阪府が指定した、大阪府熊取町の
ため池(名称:長池オアシス)にて、6か月間の実証検証を受け、その
効果が大きく評価され、グラナ装置の完成が認証されました。
実証期間中は毎日放送テレビが密着取材し、事業終了後特集で
テレビ放映され、大阪府の評価講評の映像も流されました。

実証現場であった「ため池:長池オアシス」には、大阪府が
装置を買い入れ設置されました。
その後、本ため池は日本ため池100選に認定され、毎年多種類の蓮が
綺麗に咲きほころび、住民や観光客を楽しませております。
あれから20年が経過し、
長池オアシスの遊歩橋の架け替え工事が行われています。
グラナ装置は新たに改修された池に、再設置となります。

大阪府熊取町「長池オアシス」※写真の遊歩橋が架け替え
となり、改修工事中です。


DSC00146.JPG

DSC00331.JPG

DSC00137.JPG

導入後20年経過しても、メンテをしながら使用を継続していることが、
グラナ装置の技術の信頼と思っております。


平成17年には、国土交通省新技術活用システム「ネティス」にも認定登録
となり、着実に導入実績を積み重ねてきました。
現在では、日本国内では著名な庭園池や公園池、養殖生簀やダムまで、あらゆる
池に導入されており、中国やグアムやハワイの池等海外にも進出しております。

この導入実績もグラナ装置の信頼性を裏付けるものとなっておりますが、水質
汚濁や水質改善についての、「正しい科学的知識」を知って頂く事も重要な仕事
と考え「正しい知識」「正しい改善法」を朴訥に啓蒙してきたことも、大きな
成果であったと実感しております。

これからも、「正しい知識」「正しい改善法」を伝えていくとともに、
グラナ装置を富栄養化し、大きな水質障害となっている世界中の池に導入
できるよう努力していきます。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「池のアオコ、藻類、悪臭の改善には」
<国交省「ネティス」登録技術>
UTK式微細気泡対流攪拌装置
水質・生物活性化装置「グラナ」
ホームページはこちら
http://www.utkgrana.com/

<お問い合わせは>
製造元:株式会社UTK
п@06-6363-5710
e-mail tanaka@utkgrana.com
担当:田中
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




posted by グラナ at 14:12| Comment(0) | 水質浄化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。