2019年01月29日

京都 有名ホテルの庭園池

このホテルは京都でも歴史のある名ホテルです。
素晴らしい日本庭園内に茶室と池があります。
この写真を見てどこのホテルかわかる方もいらっしゃる
事と思います。
<日本庭園内池・水量約500t・約水深120cm平均>
DSC02104.JPG

この池にグラナ装置が3年前に導入されました。池の浄化措置は
循環とグラナ装置のみです。
DSCN3669.JPG
写真は昨年11月2日の保守点検実施日です。

導入前は鯉の姿もあまり見えない状態でした。グラナ導入後3年経過ですが、
夏場は多少透明度は悪化するものの、水質は良好な状態を維持しているとの事
で、当日も池底120cmにいる鯉がはっきりと見える最良の状態でした。

このように3年間最良な水質状態を維持することは、グラナ装置の要因は
大きいですが、それだけではありません。やはりホテル側の適切な管理
も大きく貢献しています。
弊社は、それぞれ形状も環境も相違する池に対し、適切な管理アドバイスもし、
グラナ装置を使用していただきます。

どのような浄化法も「それだけすれば最良の水質が保たれる」ということは
ありません。もしそのようなことを謳う浄化製品があるとすれば「うそ」
です。
水質障害に適合する「効果的な浄化法の実施」と「適切な管理」があって
満足度の高い水質が維持されるのです。
弊社はグラナ装置の設置を提案する際は、必ず管理アドバイスも致します。

弊社がそして「グラナ装置」が長くご愛顧を頂いているのは、その事業スタンス
が指示されているものと考えます。
DSCN3675.JPG

DSC02098.JPG

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「池のアオコ、藻類、悪臭の改善には」
<国交省「ネティス」登録技術>
UTK式微細気泡対流攪拌装置
水質・生物活性化装置「グラナ」
ホームページはこちら
http://www.utkgrana.com/

<お問い合わせは>
製造元:株式会社UTK
п@06-6363-5710
e-mail tanaka@utkgrana.com
担当:田中
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


posted by グラナ at 10:23| Comment(0) | 透明度悪化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする