2012年07月04日

EM菌、納豆菌のような微生物剤について

昨日ヤフーニュースにも朝日新聞記事として掲載されましたが、2004年から
「EM菌を川にまくと、綺麗になる」として、で青森県が小中学校に無償提供して、
こども達がその活動をしている。とのことでした。
記事では、EM菌が水質浄化には効果がないと判断している幾つかの自治体や大学
教授のコメントが載っており、EM菌の浄化効果は否定的な内容が主でした。

私のこのブロブでは、以前から記載していますが、EM菌の水質浄化はない、
というより、一層水質を悪化させる要因の方が多いと判断しています。
私も仕事柄、「水質浄化法」としてEM菌を投入している、池を知っていますし
実際に確認もしています。
知る範囲では、何年実施しても何の変化もなく、EM菌がなくなったら撤退となって
いるところもあります。何か実施方法が悪かったのか分かりませんが。
最近では納豆菌が有名になりましたが、それ以外でも多くの「微生物剤」がネットでも
販売されています。

様々な「微生物剤」は基本的には何ら科学的な証明がなされていません。
効果に関しては、非科学的、宗教的、オカルト的な理論を持ちだすものさえ
多くあります。
事実EM菌の開発者といわれる、比嘉照夫・琉球大名誉教授は「重力波と想定される
波動によるもの」と主張しています。私には意味が理解できません。

納豆菌も含めその他「微生物剤」も全て同格です。中には薬剤を微生物剤として
販売している業者もいると聞きます。
事実私も某会社の「安全な微生物剤」を謳っている製品が「薬剤」である事の
証拠を持っています。

水質浄化は、自然相手ですから、どんな手法であってもまず、「安全性」が
重要であり、その効果は「持続的」「普遍的」でなければなりません。
また、その効果は「科学的理論に基づき証明された」ものでなければならず、
かつ、「実際の様々な使用現場」でも効果が確認されなければ、信頼性はありません。


池にはその環境に合った浄化菌が自然発生します。それが最強の浄化菌なのです。
その浄化菌が活動できる環境、増殖できる環境を整える事こそが「池の浄化の
重要な要素です。

もし、素晴らしい「浄化菌」があったとして、富栄養化の原因である、有機物を
瞬く間に分解し、無機物にしたら、その池は一瞬にして「酸欠」になります。
魚も多く死ぬでしょう。水生植物も育ちません。
そして酸欠水域では、その素晴らしい「浄化菌」は活動しません。
無酸素でも浄化活動をする「嫌気性菌」が浄化活動となれば、硫化水素や
メタンなどのガスを発生し、悪臭の原因となります。

池の浄化は池の環境から発生する「好気性菌」が主流です。
グラナは水質の溶存酸素を安定的にし、「好気性菌」を活性化します。
また、グラナの微細気泡自体がアオコやアオミドロ等の破壊効果や抑制
効果があることが認証されています。

池の水質浄化は、人の病気と同じでまず「原因は何か?」を知る事が重要です。
そうすれば、「どの様な治療」が必要かが分かります。
そして、「正しい治療」の実施だけではなく、同時に「正しい管理」をして、初めて
満足度の高い水質(人であれば病気の完治)となるのです。

この浄化剤を使ったら、またたく間に綺麗になります。というのは「うそ」か
「劇薬」です。

池の浄化は、水質浄化方法の3原則・「安全性」「持続的」「普遍的」を常に
念頭において実施して下さい。
IMGA0110.JPG

池のアオコ、藻類、悪臭の発生には
国交省「ネティス」登録
UTK式微細気泡対流攪拌装置
水質・生物活性化装置「グラナ」
ホームページはこちら
http://www.utkgrana.com/

<お問い合わせは>
製造元:株式会社UTK
п@06-6363-5710
e-mail tanaka@utkgrana.com
担当:田中
posted by グラナ at 10:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

池の水質に求められるもの

池の水質が過酷となるのは、良質で大量の流入水がなく、また水の動きもない
「溜まり水」状態となるからです。
「留まる水」は腐敗します。腐敗は酸欠と悪臭をもたらします。
人間社会にも何処か似ています。

そのような池に錦鯉を放し、餌を十分に与えれば、直射日光と水温上昇により、
植物プランクトンが発生→水質が緑色→増殖→水質が真緑色・アオミドロ、悪臭等の増
殖発生となっていきます。
池には周囲から風雨によって様々な有機物が池にはいりますから、仮に錦鯉を
飼っていなくとも、植物プランクトンは自然発生します。
従って、水質が緑色になるのは、自然の摂理であり、緑色が「汚い」ということでは
ありません。それは自然の風情として見なければなりません。
問題はその、程度です。色鯉さえも殆ど見えないようでは、「水質障害」と判断
されます。

先日、昨年グラナを導入した「鯖江市・西山公園日本庭園池」の保守点検に行ってき
ました。

この池には、地下水の流入がありますが、高濃度の窒素成分があり、グラナ導入前は
一年中藻類が水面を浮遊していました。
<23年6月・グラナ導入前の状態・藻類が増殖>
230630.jpg

<24年6月・グラナ導入1年後・藻類浮遊なし>
IMGA0126.JPG

このように、最悪の状態は改善されました。
これは、グラナ導入と「管理方法」を変えた事によります。
窒素値の高い地下水の流入は完全停止はできませんから、水温が上昇するこの時期は
水質は「緑っぽく」なります。
しかし、錦鯉も見えますから自然な良好な水質です。
この水質をプールの水のように「透明」にしたい。となれば、莫大なコストが掛ります
ますが方法はあります。
ただ、私はそれは邪道と考えます。
この現在の水質が、錦鯉にとっても自然で豊かな環境なのです。
水が多少緑色でも、汚いとは見えないはずです。
池とは、魚類・水生植物・周囲の環境のバランスがあって、映えるものです。
「水質の透明度」が全てではありません。

<鯖江市西山公園・日本庭園池の侘び・寂>IMGA0135.JPG





池のアオコ、藻類、悪臭の発生には
国交省「ネティス」登録
UTK式微細気泡対流攪拌装置
水質・生物活性化装置「グラナ」
ホームページはこちら
http://www.utkgrana.com/

<お問い合わせは>
製造元:株式会社UTK
п@06-6363-5710
e-mail tanaka@utkgrana.com
担当:田

posted by グラナ at 10:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

池の浄化の基本

このブロブも516回目となりますので、過去記事も含め多くの方にご覧頂いて
おります。

ブログ内容は、弊社の仕事内容、グラナ設置とその後の状況、経験則と科学的根拠
を基にした、様々な池の浄化についての感想や考え等です。
現在多い時は100近い検索ワ−ドにより、このブログをご覧頂くご縁となって
おります。
このブログをご覧頂いた際は、是非過去の記事もご一読願います。
必ず、池の浄化についてのプラスとなる情報があるはずです。

さて、
6月に入り気温、水温も一気に上昇期となり、お問い合わせも増加しています。
池は100あれば、100通りですので、お問い合わせ内容も様々であり、回答も
より適切となるよう心がけております。

ただ、全ての池に当てはまる基本は、冒頭でお話しいたします。
それは、
※様々な浄化方法が、ありますが、どの様な浄化法を実施してもそれだけで完璧に
 改善する事はありません。
 池の水質は「良き管理」と「正しい浄化法」によって満足度の高い水質が維持さ
 れます。

 ということです。
私は、経験則を元に、池の診断をし、管理面での様々な指摘、アドバイスをしながら、
それに適合する浄化方法をご紹介します。
従って、弊社の「グラナ装置」では不可能な改善は、他の浄化法をお勧めします。

ただ、何れにしろ、「良き管理」と「正しい浄化法」が基本です。

浄化法を大別すれば、科学的浄化法・物理的浄化法・自浄改善法となりますが、
その汚濁状態に適合した、「良き管理」と「正しい浄化法」が必要です。

「これを実施すれば、全て解決します!」というような、浄化方法や製品は、うそです。
販売時に管理の助言をせず、製品販売をする業者は、避けた方が賢明です。


弊社はグラナ装置を販売しているメーカーですが、水に関するあらゆるご相談
の対応致します。
経験則と科学的根拠、実績から納得いく回答を致します。

<グラナ導入10年目の長岡京市・天満宮カキツバタ園池・6月11日撮影>
【グラナの微細気泡と睡蓮】
IMGA0111.JPG

【菖蒲と池の景観が最良です】
IMGA0116.JPG

【長岡京市の「良き管理」とグラナ装置設置「正しい浄化法」により最高の水質】


池のアオコ、藻類、悪臭の発生には
国交省「ネティス」登録
UTK式微細気泡対流攪拌装置
水質・生物活性化装置「グラナ」
ホームページはこちら
http://www.utkgrana.com/

<お問い合わせは>
製造元:株式会社UTK
п@06-6363-5710
e-mail tanaka@utkgrana.com
担当:田中


posted by グラナ at 10:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

グラナ設置2カ月後の池の水質

3月に20都府県目の設置としてご紹介しました、新潟市の重文「旧斎藤邸 別邸」
の庭園池の状況が、先日庭を管理されている庭園会社「蒲v松園」さんから寄せれ
ました。
今年6月の一般公開を目指し、建物や庭の改修が昨年から行われており、その一環で
池にグラナが選定され、導入致しました。

<24年3月27日・設置テスト稼働写真>IMGA0056.JPG
この池もコンクリート造りですので、錦鯉や金魚を放流した場合、水温上昇と共に
植物プランクトンや藻類が増殖しますので、水質は厳しい状況になります。

「蒲v松園」のお便りによると、4月に錦鯉を放流した際は、一過的に水質が濁り
悪化したようですが、グラナの継続稼働で改善し現在は問題がないとのこと。
5月は気温も水温も一気上昇してきますので、藻類の増殖や水質がどんどん真緑色
になっていく時期です。

<24年5月14日状況>P5144770.JPG
藻類増殖もなく、水質は最良であり錦鯉が気持ちよく遊泳しています。

P5144768.JPG
グラナに竹カバーを被せ、目立たなく工夫されています。

池は庭園内であり、多くの植栽で囲まれていますので、風雨で周囲から様々な物質が
流入しますし、魚の餌や糞も富栄養化の原因です。

グラナの稼働だけでなく、「蒲v松園」さんの適切な庭や池の管理もあり、このような、
良い水質が保たれている事は間違いありません。
やはり、池の水質を満足度の高い状態にするには、「良き管理」と「正しい浄化法」です。

これから益々水温は上昇しますので、ある程度水質は緑っぽくなったりはあるで
しょうが、鯉も見えない状態や酸欠で錦鯉が口パクをしたり、へい死することは
ないでしょう。

グラナを設置後もこのように状況を観察し、より良い状態にアドバイスする事も私の重要
な仕事です。

機会がございましたら、新潟市「旧斎藤邸 別邸」へお越しください。
文化の香りがします。

<24年3月27日:設置試運転の映像>

池のアオコ、藻類、悪臭の発生には
国交省「ネティス」登録
UTK式微細気泡対流攪拌装置
水質・生物活性化装置「グラナ」
ホームページはこちら
http://www.utkgrana.com/

<お問い合わせは>
製造元:株式会社UTK
п@06-6363-5710
e-mail tanaka@utkgrana.com
担当:田中
posted by グラナ at 10:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

池の浄化:グラナ導入10年目の水質状況 その2

前回は、京都府長岡京市「長岡天満宮・カキツバタ園池」の10年目の状況を掲載しまし
たが、この「長岡天満宮・カキツバタ園池」は全体面積が1200u・水深が40p平均
水量約480tと、池の形状は浅く広いという特徴がありました。
このような、浅く広い池での水質障害は通称「アオミドロ」といわれる藻類の増殖でした。

<グラナ導入前の平成14年6月:アオミドロが池全体を覆った状況>IMAGE03.jpg

<グラナ導入後の平成24年5月:アオミドロの発生は通年抑制されている>IMGA0083.JPG

今回は、もう少し規模の大きな「公園池」の水質改善を掲載します。
毎年一回、定例の保守点検の実施をしていますが、愛知県武豊町の「鹿狩池公園」です。
面積約20000u・最深3m・水量約34,000tのため池を公園池にしたものです。
このような、水深の池は「アオミドロ」ではなく「アオコ」の発生となります。
特にこの「鹿狩池」には、周辺からの家庭排水の流入があり、富栄養化となっています。

<設置時の写真平成15年8月1日:ペンキ状のアオコが水面を覆う状態。悪臭あり>IMGP0672.JPG
アオコの中で設置作業

IMGP0669.JPG

IMGP0691.JPG
「アオコ」とは、水が緑になる事ではありません。このように水面にペンキ状又は
粉状に発生し、水面を覆う状態です。通常の植物プランクトンとは異にします。

現状も生活排水の流入がありますので、例年完全なアオコ抑制とはなりませんが、
殆ど気にならない状況となり、役所の方によると、グラナ設置後は周辺住民さんから
の苦情は、全く無くなったとの事でした。

<平成24年5月:通年10年前のような酷いアオコの発生はなし:保守点検日>href="http://grana.up.seesaa.net/image/IMGP1628.JPG" target=_blank>IMGP1628.JPG
全体的にアオコの発生はなし。

IMGP1616.JPG
岸近くへのアオコの打ち上げもなし。

IMGP1626.JPG
保守点検終了試運転稼働確認。

何と言っても、周辺住民の方が、池のアオコ改善を実感しています。
「グラナ装置」に保守点検の費用を掛けても、長くご使用頂いている事は、何よりも効果
の証明です。

<試運転時にグラナからの微細気泡(マイクロバブル含む)が放出される映像>
※本年はビデオを撮らなかったため、この映像は昨年の保守点検時のものです。


池のアオコ、藻類、悪臭の発生には
国交省「ネティス」登録
UTK式微細気泡対流攪拌装置
水質・生物活性化装置「グラナ」
ホームページはこちら
http://www.utkgrana.com/

<お問い合わせは>
製造元:株式会社UTK
п@06-6363-5710
e-mail tanaka@utkgrana.com
担当:田中



















posted by グラナ at 11:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

グラナ導入10年目の池の水質改善状況

このブログでも何度か公開していますが、京都府長岡京市「長岡天満宮・カキツバタ
園池」が導入後10年目となりました。
4月は日本に猛威を振った台風級の「暴風雨」の影響で、池の立木が倒れたり、水位の
急激な上昇や汚泥巻き上げ等で汚濁し水質も濁り、透明度も低下しました。

<4月5日の状況:暴風雨の影響で、倒木・異常な水位上昇・透明度低下>
IMGA0060.JPG

IMGA0066.JPG

池は様々な外的影響を受けますから、一過的に水質が悪化する事もあるのは当然です。
でも、下記のようにグラナ導入前の状況からしたら、全く問題ない水質です。

<10年前:グラナ導入前の状況:アオミドロ・アオコで池は覆い尽くされている>
IMAGE03.jpg

長岡京市-3.jpg

4月の暴風雨で、水位も急激に上昇し、アヤメなどの植栽地帯も水没したため、肥料の
池への流入が危惧されました。
肥料などの有機物が大量に池に入ると、水質の富栄養化が増大しアオコやアオミドロの
増殖となるからです。

しかし、5月14日の点検時の水質状態は下記のように、4月の汚濁水質も改善され
透明度は回帰し、アオコやアオミドロの発生もなく最良の親水環境となっていました。

<5月14日の池の状態>
IMGA0083.JPG

DSCN0430.JPG

アヤメやカキツバタ、睡蓮も綺麗に映えています。

しかし、隣接する「大池」の水質は同一水でありながら、真緑色で今にもアオコが発生
しそうな状態でした。

<隣接する大池との水質比較:右が大池・左がグラナ稼働のカキツバタ園池>DSCN0431.JPG

この10年間で、カキツバタ園池の水質は、外的影響での一過的な汚濁は早い時間に
改善し、良好な水質を通年維持できるようになりました。
これは、グラナの効果もさることながら、長岡京市さんの管理が行き届いていること
も大きな要素です。
満足度の高い水質を維持するには「正しい浄化法」と「正しい管理」であることが証明されています。

<平成24年5月14日の映像>


是非皆さんも、京都府長岡京市「長岡天満宮・カキツバタ園池」を訪れてみて下さい。
楽園です!


池のアオコ、藻類、悪臭の発生には
国交省「ネティス」登録
UTK式微細気泡対流攪拌装置
水質・生物活性化装置「グラナ」
ホームページはこちら
http://www.utkgrana.com/

<お問い合わせは>
製造元:株式会社UTK
п@06-6363-5710
e-mail tanaka@utkgrana.com
担当:田中













posted by グラナ at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

横浜「こどもの国・白鳥湖」検査時の稼働状況

こどもの国は、白鳥湖の浚渫、グラナ設置以外にも園内の道路や外周柵等多くの
工事を同時並行しておりました。
その工事も終了し、竣工検査立会がありました。
ちょうど桜が咲く時期でしたので、最高の環境でした。
IMGA0071.JPG

また先月メンテをした「蓮池」のグラナU型機も確認しました。
水温は上昇期にありますが、アオミドロ、アオコの発生はありません。
DSCN0395.JPG

DSCN0401.JPG

白鳥湖はV型機が4ユニット導入されましたが、順調に稼働しており、多少気泡放出
角度の調整はありましたが、問題なく終了しました。
IMGA0076.JPG

水質も、3月の設置時は浚渫の影響で粘土質が水質に混ざり白濁化していましたが、
大分沈降し、自然な青々とした池の水質が蘇り始めていました。IMGA0080.JPG

例年水面をアオミドロや茶色藻、アオコが浮遊していた「白鳥湖」ですが、本年からは
そのような状態は改善されるでしょう。

<映像:最初は蓮池のグラナU型機 以後は白鳥湖のV型機の稼働状況>


池のアオコ、藻類、悪臭の発生には
国交省「ネティス」登録
UTK式微細気泡対流攪拌装置
水質・生物活性化装置「グラナ」
ホームページはこちら
http://www.utkgrana.com/

<お問い合わせは>
製造元:株式会社UTK
п@06-6363-5710
e-mail tanaka@utkgrana.com
担当:田中





posted by グラナ at 10:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

鯖江市「西山公園 日本庭園池」の水質と錦鯉

昨年導入した福井県鯖江市「西山公園 日本庭園池」の問題は通年(冬季も)発生し、
池全体に増殖する、アオミドロ・茶色藻の問題でした。
<グラナ導入前の藻類増殖の状態:平成23年6月>
230630.jpg

<平成24年4月7日の改善状態>
DSCN0310.JPG

DSCN0327.JPG
鯖江市様や管理会社様には、グラナ導入後藻類は大幅に抑制されたとの評価を頂き
ましたがより高い満足を目指し、グラナU型を1機追加設置しました。

立派な錦鯉が、約50匹程放流されていますが、今般は面白い映像になりました。
錦鯉がグラナの微細気泡で遊んでいる姿です。
DSCN0333.JPG

グラナの微細気法は、魚類等水生生物にストレスや悪影響を与えることなく、生息環境
の改善もします。
公園池では多くの魚類、庭園池では錦鯉がグラナの気泡に集まる姿はよく見受けられる
光景ですが、この度は水質の透明度も良く、その姿が映像に収める事が出来ました。
錦鯉は体に微細気泡を浴びる事が気持ちいいのでしょう。

大気には当然殺菌力があります。
体に付着する悪玉菌や寄生虫の付着抑制にもなります。
グラナの微細気泡が水環境に良い事は、そこに生息する生物が一番良く知っています。



微細気泡対流・攪拌装置「グラナ」
国交省「ネティス」登録
株式会社UTK
06-6363-5710
utk@utkgrana.com
http://www.utkgrana.com/
posted by グラナ at 13:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

池の浄化:小規模池への設置例

池は大小に関わらず、所有者、管理者の池への思いがあります。
庭園や池自体への思いもさることながら、鯉や水生植物への思い、それを見る人
への思い。それは様々です。
先日の設置先は、個人邸宅の庭園池でしたが、十年以上水槽で育て大きく育った錦鯉
の為に造った池への設置でした。
水槽で育てたとは思えない立派な錦鯉で、育てたご主人、奥様の愛情や思いが伝わるような
気がしました。
水量は約2t、水深は深くて60pと、小規模な池ですが、しっかりとした姿です。
グラナはmini型の設置です。
翌日に水を張り、鯉を入れたそうですが、「グラナの気泡の周りを気持ちよく泳いでいます」
ご主人の嬉しそう声をお聞きし、私も幸せな気持ちになりました。

<設置写真:あいにくの雨天でした>IMGP2654.JPGIMGP2655.JPGIMGP2656.JPG

池のアオコ、藻類、悪臭の発生には
国交省「ネティス」登録
UTK式微細気泡対流攪拌装置
水質・生物活性化装置「グラナ」
ホームページはこちら
http://www.utkgrana.com/

<お問い合わせは>
製造元:株式会社UTK
п@06-6363-5710
e-mail tanaka@utkgrana.com
担当:田中




posted by グラナ at 13:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

池の浄化、20都府県目の導入

3月は20都府県目となる新潟市にグラナを導入しました。
この度の設置は、新潟市の旧財閥・斎藤家の別邸、日本庭園内景勝池です。
DSCN0290.JPG

この敷地、建物が新潟市の所有となり、24年6月の一般公開へ向けて建物や庭園の改修が
行われましたが、その一環として、景勝池の水質保全目的でグラナの導入となりました。
池の面積は約220u・水深は50p平均です。
導入機種はグラナU型機です。
DSCN0287.JPG

素晴らしい庭園ですので、これから花や新緑が映える事でしょう。
全体の工事が終了した後に鯉を放流するとのこと。
全体の工事が終わっていないため、池の水は満水にはしていません。
<設置完了:試運転>
IMGA0056.JPG

DSCN0292.JPG

<旧斎藤邸別邸日本庭園池:設置作業から試運転までの映像>


池のアオコ、藻類、悪臭の発生には
国交省「ネティス」登録
UTK式微細気泡対流攪拌装置
水質・生物活性化装置「グラナ」
ホームページはこちら
http://www.utkgrana.com/

<お問い合わせは>
製造元:株式会社UTK
п@06-6363-5710
e-mail tanaka@utkgrana.com
担当:田中
posted by グラナ at 13:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする